読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

new hatena paradise

平成のあいうえお

冬の名残りがなかなか去らず

シュウカツしたりTRAKTOR S2手に入れたりバンド始めたりしてたら、そっちにばっか時間使っちゃったよ!なんで言い訳みたいなことしちゃってるのかわかりませんが、ここのところすごい良い映画ばかり観れて幸せです。
お金がいっぱい降ってきたら、ホームシアターシステムみたいなやつが欲しい。


宇宙人ポール

SFオタクが本物の宇宙人に出会ってやいのやいのするお話。

はじめに、いかにもCGです!って感じの宇宙人が出てきたときは少し不安になるのだけど、だんだん愛着わいてくるのはなんでだろうな。誰かが好きなものを楽しそうにつくったりやったりしてるのを見てると、自然と巻き込まれて同じように好きになったり楽しくなるような気がする。逆もまた然りで、嫌味しか言わない人の周りには嫌味しか言わない人ばかり集まるんでしょうか。くわばらくわばら。

カットは同じなんだけど映ってるものや意味合いが違うってシーンがあって、この手法すごくいいぜ。いいです。これ本当いいぜ。いいです。
SFファンとして遊びにきたアニメフェスが一回目。作家として成功して参加してるのが二回目。主演の二人が出てるショーンオブザデッドってゆう映画にも、一回目は何気ない日常、二回目はゾンビ化した街並みを全く同じカットで撮ってるシーンがあって、それも面白い。

都市伝説だかで、宇宙人は未来人ってゆう説があって妙に納得したのだけど、人類の進化の有名なあれあるじゃないですか。4足歩行から2足歩行になってくあの絵。図。
教科書でみるような人間の祖先は、毛むくじゃらで頭も身体もちっさくて、未来と過去のちょうど中間にあたる僕らは、体毛が抜け落ちたり、背が高くなって体重が増えてどんどんデカくなってる。で、宇宙人は、頭がでかくてハゲてて、あごが細くなって、身体が細くて小さいイメージ。
これ完全に理想の上司で有名なフリーザ様と同じじゃないですか?第三形態とかクソデカくてパワーハンパないみたいな感じだけど、最終形態はシュッとした体型に戻るじゃないっすか。一周してまた普通に戻るというか。
あの発想と同じで、宇宙人は人間が一周した姿ってことだとするとすごい腑に落ちたような気がしたんです。

だから(?)、体毛が抜け落ちたのが進化の証だとしたら、頭がハゲあがるのもむしろ必然なので、ハゲの方々には「おれらマジ未来人!」的な心持ちで、胸はって生きて欲しいなと思う次第でございます。

面白いからみんな観て。


ヒミズ

古谷実の漫画は稲中とそれ以外という認識しかない、というよりは、それ以外たちの区別がつかない。ヒミズも読んだことあるにも関わらず、はじめて聞くお話のように観ていました。同じではないんだろうけど。だいたいこの人の描く話って、社会からあぶれた若者やフリーターが主人公で、なぜか美女に興味をもたれたり、事件に巻き込まれたり、バイクに乗ったりする漫画だと思うんですけど、ヒミズはバイクが出てこなくてボート屋というのが他作品と見分けるポイントでいいのかな?

なんかわーわー言われてる映画ですけど、一番口を挟みたくなるのはやはり、震災と絡める必要があったのか?というところ。あまりにぶっ飛んだ設定の数々に、現実のヘビーな問題をぶちこんできて、それが結局リアリティを出したいのかなんなのかがわからなかった。異常な設定が逆に、身近に存在しうる怖さを浮き彫りにすることがあるけど、それと被災地は関係ないよなあ。
ただ、隣の席で観ていた方が嗚咽を漏らすほど感動(?)していて、落ち着いたところを見計らって少しお話を聞いてみたんだけど、『確かにわからないこともあったけど、頑張れというメッセージだけでなぜか涙が止まらなかった』的なことを話していて、そうゆうものなのかなあと思ったりなんかしちゃったりしました。

悪いやつを懲らしめる妄想を巡らすのは、誰もが一度は経験しているはずで。。。だけど、映画や漫画みたいにスーパーヒーローが華麗に問題解決!なんてことはまずありえなくて、見て見ぬフリをしたり、全てが他人ごとのように処理されてモヤモヤとした気持ちだけが残ることが多い。
本当は、人一倍正義感が強くて、でも行動に移すほどの勇気が出なかったり、いざ動いてもタイミングがわるかったりで、そんなモヤモヤを捨てきれずに亡くなってしまった人の怨霊が、なまはげだったとしたら、なまはげももっと人気出ると思う。
何の話でしょうね。
なまはげいいやつ。

ビフォアサンセット

ビフォアサンライズの続編。どっちもめちゃめちゃ良くて、誰にでもオススメしたい。
久しぶりの再会は偶然ではなくて、追い続けてきた結果の必然ですよね…!二人が出会った夜を小説にした目的は再会するためですもんね…!とにかく長回し多様で、観てる側がそこにいる感覚になれるすごい映画だと思う。終わり方も秀逸で、結末は読者(視聴者)の想像に任せると言った主人公の言葉が反映されてて素敵んぐ。
真面目な話にもジョークを挟みつつユーモアのあるトークをする感じとかまじホープ。(横文字多い!)

知的な女性は素敵です。